アイブロウイメージ

付けすぎない事がアイブロウのコツなんです

メイクの中でも、特に気を付けたい眉毛は、その人の印象を決定づけてしまう重要なパーツです。眉毛は顔の印象を変える大切なパーツですので、特に慎重にメイクしていきましょう。アイブロウマスカラは、眉毛の色を変えるだけでなく、その色味によって、眉毛の存在感を変えたり、顔の印象を柔らかくさせたり、整えて見せるような変化が可能な、メイクには欠かせない特別なアイテムですよね。特に自然な感じでメイクを仕上げたいと思っている方には、必須アイテムだと言えますので、まだ持っていない方は、必ず購入しておきましょう。

アイブロウイメージ

アイブロウ前に、最初に行って頂きたいのが、眉毛を整える事です。基本的に、眉毛は短い方が、アイブロウがしやすく、初心者でも、自然に馴染ませやすくなっています。海外のモデルさんや、女優さんの中には、長さをある程度残してメイクをしている方も見かけますが、長さがあると、どうしても眉毛の先っぽだけが、不自然な色に染まってしまい、金色を乗せた場合には、キラキラ目立って、とても不自然になりやすいので注意が必要です。初心者の方は、少し短めに整える事が、アイブロウ成功の秘訣になります。まゆカットのお手入れで、最初に行って頂きたいのが、長すぎる眉毛のカットと、、まゆラインからはみだしてしまっている無駄な毛を整える事です。あまりカットしすぎないで、自然でゆるやかなカーブになるように、時々鏡から顔を話して、全体のバランスを確認しながら1本ずつカットするのがコツになります。特に、まゆの下側をカットしすぎてしまうと、まゆと目の間が不自然に広くなりすぎてしまいますので、注意しましょう。現在のまゆが固く、眉毛の主張が激しい場合には、まゆの角度をやわらげるように、まゆ山の毛を、少しずつ、バランスを見ながらカットする事がポイントになりますので、覚えておいてください。実際に、アイブロウマスカラを使用して行く時にはブラシから余分な液をオフすることで、塗りすぎを防止します。アイブロウマスカラは、塗りすぎて、ダマになりやすいので、しっかりオフしてから、少量を重ね塗りしていきましょう。また、ペンシルで書き足した上に、アイブロウパウダーをブラシに取り、書き足した部分や、元々毛が薄い部分になじませるようにアイブロウパウダーを軽くのせると、自然に仕上げる事ができます。この時、アイブロウパウダーの乗せすぎには要注意です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です